風俗選びと恋は似ている

フェチなのかなと気付いてきた

フェチ…なんでしょうかね。それまであんまり意識したことはなかったんですけど、繰り返し風俗を利用するようになって、もしかしたら自分のこだわりはそこにあるのかもしれないって思うようになってきたんです。それは乳輪です。乳首じゃないんです、乳輪です。小さいのが好きなんですよ。だから巨乳よりも、むしろ微乳の方が良かったりするんですよね(笑)微乳風俗嬢の方が反応が良いってことで好きな人はいると思うんですけど、自分の場合は反応とかではなくて乳輪が小さくてきれいなので、微乳好きなんです。自分が「今日は最高だったな」と思うのが乳輪が綺麗な風俗嬢の方が多いなってことに勘付いたんです。そして、前回も微乳ではあってものの、乳輪の小さいとっても綺麗なバストの風俗嬢と楽しんだんですが、これがまたかなりのレベル。あれだけのものを持っていたら、こっちはもはや何も言う必要はありませ。あれだけのものを見せてもらえて、そして弄れて最高に満足しましたね。

感性が素晴らしい風俗嬢でした

独特と言うか個性的と言うか、感性が素晴らしい風俗嬢でしたね。風俗嬢とはコミュニケーションが大切だってことは分かりますけど、ただ実際に話すことってそうそう浮かばないじゃないですか。だから適当に他愛のない話くらいしかできない自分ですけど、彼女を相手にした時だけはなんとなくいろんなことを話しましたね。彼女の考え方とか感性がとっても面白かったんです。それもあって、前回の風俗の満足度は自分でもかなり高かったかなって。風俗嬢のパーソナルな部分はあまり気にしないようにしていたのもあるので、あそこまでいろいろな話をしたことに対して自分でも驚いているんですよね。いろんなことを話しましたけど、風俗でここまで話が印象に残ったのは初めてですね。もちろんしっかりと抜いて貰ったので、満足感もありますけど、彼女との時間は男としても人としても満足出来たんじゃないかなって思いますね。そうなると、やっぱりコミュニケーションは大切かなと。